帽子は被る?被らない?食事やたばこはどうしたらいい?

帽子は被った方がいいのか被らない方がいいか

子供のころ、外出するときは帽子をかぶるように言われたかもしれません。日射病や熱射病の予防などで被るように言われたのでしょう。大人になるにつれて帽子をかぶる機会が少なくなります。ただ髪の毛の抜けがが増えてくると、それを隠そうと帽子をかぶるときがあります。帽子をかぶると抜け毛がどんどん増えてしまうのか、それとも意外に予防になっているのかです。帽子をかぶると蒸れるといわれますが、よほどでないと蒸れるほどにはならないようです。一方、帽子をかぶらないと外気に触接頭皮が触れます。夏は紫外線が降り注ぎ、冬は乾燥した空気が直接肌に吹き込みます。それらは頭皮の環境に良くありません。適度に通気性を考慮した帽子を利用すると抜け毛予防になります。

暴飲暴食や喫煙を控えるようにする

髪の毛は若い時はどんどん伸びていました。しかし中年ぐらいから少しずつ抜け毛が増えてきて、地肌が見えるようになってきます。老化現象といわれたり、男性ホルモンが影響しているとも言われています。その他の原因として、頭皮の血流の悪化があります。血液の流れはいろいろな原因で悪くなるので、血流をよくする生活習慣を心がけると抜け毛が減るかもしれません。食事をするとき、暴飲暴食をするとあまり血流には良くありません。過剰な脂質が血液にあると、詰まりやすくなってしまいます。タバコは血流を悪化する原因の一つともされているので、できればタバコをやめるぐらいの気持ちが必要でしょう。健康的な食事をしていれば、抜け毛の予防につながるでしょう。

男性にとって薄毛で悩む人もいます。薄毛になるか一つの判断として、抜け毛が重要です。特徴として髪の毛を切ったわけでもないのに、短く細い毛が抜けてるときは薄毛につながる可能性が大きいです。