女性の薄毛に対処!どんな育毛剤が効果的?

女性の薄毛のメカニズムとは

女性が薄毛になるときのメカニズムとしてよく知られているものは二つあります。一つは血行不良によるものであり、普段から冷え性やむくみに悩まされている人はこれが原因という可能性が高いでしょう。頭皮に張り巡らされている毛細血管は細いので血行不良になるとあまり血液が行き届かなくなります。栄養も酸素も不足してしまって新陳代謝が低下し、髪が伸びにくい環境ができてしまうのです。もう一つの原因としては栄養不足が知られています。髪が伸びるためにはタンパク質や亜鉛などのミネラル、ビタミンB群を代表とするビタミンの摂取が欠かせません。ダイエットなどで食事を減らしていたり、偏食気味になっていたりすると、それが原因で薄毛が進行してしまうことがあります。

メカニズムから考える育毛剤選び

自分の薄毛の原因が血行不良かもしれないと感じたら、血管を広げて血液が届きやすくなるようにするのが最も信頼できる対策方法です。頭皮で特に効果が高いとされる成分もいくつか見出されているので、それが配合されている育毛剤を選ぶのが賢明でしょう。一方、栄養不足が原因で薄毛になっているかもしれないと疑ったらアミノ酸やビタミン、ミネラルなどを含んでいる育毛剤を選ぶのは良い方法です。しかし、頭皮からの吸収量は少ないので、血行不良が原因の場合と同様に血管を広げる成分が含まれている育毛剤を使って栄養が届きやすくするのも効果的と言えます。女性の場合にはメカニズムを考えると血管を広げるのは汎用性が高い対策になるのです。

女性の育毛剤は、植物由来の成分を配合しているタイプの商品が主流で、副作用の心配がないというのが全体的な特徴です。