ヒアルロン酸でカサカサお肌をうるつやお肌に!

そもそもヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸は人体に存在するムコ多糖類と呼ばれるねばねばした物質のひとつです。ムコ多糖類のなかでもヒアルロン酸は保水力に優れた物質で、たくさんの水分を蓄えます。その量はヒアルロン酸1グラムに対してなんと水6リットル分にもなります。

人のからだの約6割が水分でできていることを考えると、お肌だけでなく体にとってもヒアルロン酸はかかせない存在です。

ヒアルロン酸の効果と使い方は?

ヒアルロン酸は主に化粧品に使われていることが多いです。人の中のヒアルロン酸は細胞の間にあり、その保水力や維持する力でクッションのように細胞を守っています。主な効果は肌の保湿性や弾力性の維持、シワやたるみの予防、関節軟骨機能の維持、老眼や目の疲れの改善などがあげられ、他にも細胞の活性化や女性の生理痛の緩和、更年期障害症状の改善など多岐にわたります。

ヒアルロン酸は年齢と共に減少していき、40代になると赤ちゃんの半分ほどの量になってしまいます。これにより肌の水分量が足りず乾燥したり、老化現象が始まってしまいます。

ヒアルロン酸を使う際にはコラーゲンやエラスチンと一緒に使用すると、その効果が高まります。化粧水や美容液などの場合はこれらが成分表示にあるかどうか確認すると良いでしょう。また、サプリメントの場合はビタミンCやビタミンB群と一緒に摂取すると吸収率が上がり、長時間効果を持続させるためには同じムコ多糖類のコンドロイチンと一緒に摂取すると保水力も高まるのでおすすめです。

ヒアルロン酸は、保湿成分として知られる多糖系高分子の一種です。関節や肌に注射して行う治療などに利用されます。